fc2ブログ

歯列矯正、そしてネコ。

40代からのワクワク歯列矯正記録。 我が家の2匹のネコ達も出演してくれるそうです。

グーグー最期の日。













2019年4月30日 平成最後の日 午後8時20分 グーグーが旅立ちました。





急性腎不全で1週間の入院。退院した1月30日からちょうど3ヶ月後でした。











今の私の気持ちはただひたすら「グーグーほんっっっっっとによく頑張ってくれたね」と





「私たちにグーグーと過ごす最後3ヶ月間を与えてくれてありがとう」この2つです。
















2019.4.27夕方。グーグー定位置から窓の外を眺める。失明判明12時間後。明るい時間帯は時々見えていたと思う。
2019:4:27夕方。見えている様子














グーグーの最後20時間は壮絶でした。










30日 0時30分の輸液終了直後に少しの脱糞。そのまま家中の徘徊が始まりました。





途中5,6回のてんかん発作を繰り返しながら夕方3時半の病院到着まで15時間ぶっ続けの徘徊。





病院で夕方4時ごろ抗てんかん剤を打ってもらうとようやく動きが止まり昏睡状態のまま力尽きました。











29日夕方と夜に各20分間の徘徊があったのでまた結石の痛みが出始めたのかと思い鎮痛剤を打ったのですが





緩和されていたのか今となっては分かりません。でも少し落ち着いたように見えました。





最後の徘徊は様子がそれまでとは全く違いました。顔がグーグーじゃなくなっていました。鬼の形相。





完全な意識障害でした。





最初のうちは血圧が上がったのかと思い、セミントラを投薬。効き目があるとは思っていなかったけど





私たちにはこの時それしか出来る事がありませんでした。












輸液終了と同時に凄い気迫でひたすら前に突き進むグーグー。





輸液前まではフラフラした力無い歩行だったのに最後の徘徊は逆に足取りは力強く真っ直ぐ前方向のみの歩行。





障害物があっても避けない。バックも無し。猪突猛進。





グーグー!グーグー!と、何回声をかけても無反応で突き進む。壊れたオモチャのように。





狭くて到底通れない場所も突き進んで行く。普段のグーグーなら避けて通る場所も。





挟まって身動きが取れないのに突き進もうとする。体が千切れそうになっても。














2019.4.29 夜中3時半ごろ。見えていない様子だけど私がホカペの上で寛いでいると横にそっと来てくれました。
2019:4:29 3時半ごろ。目が見えてない。











グーグーの進む方向に先回りしてかばさんと障害物を移動させたり隙間という隙間を





クッションで塞いでいたのですが家中くまなく突き進むのでキリがなく





2時ごろに私の部屋に移動させ行動範囲を狭めることに。





私の部屋にある隙間を全てクッションや箱などで塞いだ後グーグーを抱いて連れて行きドアを締め切りました。





7畳ほどの狭い空間をひたすら歩き続けるグーグー。そしてそれをひたすら見守る私とかばさん。





ごろちゃんは外です。





その間、何回もグーグー!と、名前を呼び続けました。途中、目があったと思った瞬間があったので





グーグー!と、呼びかけるとグーグーの表情がパッと戻って伸ばした私の腕の方へ真っ直ぐ突き進んで来てくれました。





かばさんと「戻った!戻ったよね?!」と、確認し合うも数秒後にはまた元に戻ったように見えました。





それでも私たちには少し光が見えたように思え「今の内にお風呂入って来たら?」と言う





かばさんの言葉で私は急いでお風呂へ。















2019.4.27夕方5時半頃。グーグー定位置。定期的な鎮痛剤が効いたのか久しぶりに足を伸ばしてリラックスする姿。
2019:4:27夕方5時ごろ。数週間ぶりに横になって寝る姿

2019:4:27夕方5時ごろ。数週間ぶりに横になって寝る姿その2













お風呂から上がってその間のグーグーの様子をかばさんに聞くと





「さっきまた呼びかけたら来てくれたよ。その時顔も戻ってた」と、嬉しい返答。





でも結局はそれがグーグーと私たちの最後のコミュニケーションとなってしまいました。3時ごろです。












徘徊するグーグーをひたすら目で追っているとなぜかごろちゃんの姿が視界に。





完全に締め切っていないドアを押していつの間にか入ってきていたようです。





ごろちゃんはグーグーと逆方向で室内のパトロールを開始。





途中グーグーとすれ違う時はグーグーに鼻チューしたり優しく体を擦り付ける仕草が。





2,3分したところでドアを開けるとそのまま静かに出て行きました。












かばさんはその日朝から仕事があったので取り敢えず自分の部屋で寝てもらいその後は私がグーグーを見る事に。





目の前でどんどん体力が削られていくグーグーを見て耐えられなくなりベッドに抱き上げ横にすると





壁と毛布に頭を突っ込んだまま3分ほど動きが停止。安心したのも束の間、今度は30秒ほどのてんかん発作。





発作が終わったと思ったら今度は横になったまま歩き続ける仕草。4時過ぎの事でした。





5時半ごろ再び床に降ろしてみるともう体力もなく床に這ってでも前進する姿が。





5時45分にまた発作が起きるももうそれはてんかん発作ではなく意識障害からくる痙攣でした。





6時ごろラグマットに粗相した後はそのまま停止して箱座り。そして6時15分にまた痙攣。





それが終わるとまたベッドに抱き上げ横にする。そのまま歩く仕草....。





そのまま私が30分くらいウトウトしてしまっている間にかばさんが起きてきて毎朝の日課、





リキッドとセミントラとお水をグーグーの鼻チューブから入れてくれていました。





休み無しのぶっ続けの徘徊と数回の発作でもう歩く体力がないグーグー。





疲れ果て、床にうつ伏せになって停止する姿が多くなり少し安心して私はそのまま寝てしまいました。













2019.4.30 0時半。生前最後の体重測定。この後の輸液直後から意識障害に。
2019:4:30 0時半。最後の体重測定











事前に状況を電話で伝えてから午後診で病院へ。





病院への車内道中も痙攣が起き、治った後呼びかけるも無反応。





診察台に乗せると先生がグーグーの左右瞳孔に光を当てながら「でも瞳孔は反応がありますね」と。





そうこうしているうちに診察台でも痙攣が起こり、先生は背中を撫でながら「グーちゃん大丈夫だよ。





グーちゃん大丈夫だよ」と優しく話しかけ、私はグーグーの顔の高さにしゃがみ顔周りを撫でながら





「グーグー グーグー」と話しかけました。目は完全に合っていました。そのうち痙攣が治ると





「もう毒素が脳まで回っていますね。これは発作ではなく痙攣です」と、先生。





グーグーの進行具合でのてんかん発作と痙攣の違いは分かっていました。





痙攣はもう最期が近いときに起こる症状です。





「これ以上しんどい思いをさせるのが可哀想で....」と、私が言うと「そうですね」と、先生は言った後





選択肢を2つ提案されました。





「抗てんかん剤を打ってお家で輸液するか、お預かりして静脈から点滴するか。お預かりすると





そのまま病院で亡くなる可能性があります」と。










しばらく考えました。静脈点滴の方が即効性があって持ち直す可能性がある。でも病院で最期を迎える可能性が高い。





もうそんなに長くはないなら慣れ親しんだ家で最期を迎えさせてあげたい。せっかく頑張って退院したんだから。





「抗てんかん剤を打つとどうなりますか?ご飯は?トイレは?もう自分の意思で何も出来なくなるんですか?」と





聞くと「はい、もう寝たきりになります。自分では何も出来ません」という答えでした。





もうグーグーらしい生活が出来なくなる。もうベランダパトロールもカーテンガジガジも何もかも出来なくなる...。





それでも最期は確実に家で迎えさせてあげたい。かばさんと私、ごろちゃんに看取られながら旅立って欲しいと





強く思い、抗てんかん剤を打ってもらいました。











抗てんかん剤は大体8時間効果が持続。次に徘徊や発作が起きた時にはこの座薬を入れてあげて下さいと





座薬の説明を受けていると次第に抗てんかん剤が効き出し、あっという間にグーグーは昏睡状態に。





力が抜けきって手足がぶら〜んとなったグーグーを抱きかかえキャリーに入れ診察室を出ようとした時





涙がどっと溢れ出してしまいました。この3ヶ月、病院では一度も泣いた事はなく弱音も吐いた事はなかった





のですが今回なぜか嗚咽してしまいました。





恥ずかしくて先生と看護師さんに背を向けると「グーちゃんすっごい頑張ってますよ。凄い頑張ってますよ」と





先生が優しく背後で言って下さったのですが無言で頷く事しか出来ませんでした。





その後、先生方は落ち着くまで診察室にいて下さいと私に気を遣って下さりティッシュ箱を診察台に置いて





私とグーグー二人きりにして下さいました。





落ち着いた頃、看護師さんが診察室でお会計して下さったおかげで他の患者さんと顔を合わす事なく





そのまま帰宅する事が出来ました。













2019.4.30 0時2分。グーグー最後のかばさん腕枕。この後30分経たないうちに意識障害に。
2019:4:30 0時2分グーグー最後ののばやん腕枕













帰宅後すぐにグーグーのベッドを用意し寝かせました。





もう目は半開きで名前を呼んでも無反応。耳も目もビクとも動きません。





動いているのは呼吸によるわき腹の上下運動のみ。





午後4時に抗てんかん剤を打ったので夜中0時までに切れる可能性を考えていました。





するとかばさんから「18時過ぎには帰るわ」とのLINEが。





グーグー定位置のクッションを敷いたベッドに横たわるグーグーを見て一番に考えたのは





被毛を綺麗にしてあげようという事。





グーグーはブラッシングが苦手だけど今なら出来るとブラッシングスプレーを持って来てブラッシングすると





フワフワに。そのフワフワの被毛に顔を埋めるとグーグーの匂いがして凄く幸せな気分になりました。





そのあとは、数回の発作と粗相で汚れているお口周りとお尻周りも綺麗に拭いてあげました。









午後6時過ぎにかばさんから「19時過ぎに帰るわ」と再度LINEが。





午後8時前、グーグーの手がゆっくりゆっくりと動き始めまた歩くような動作が。





もう座薬を入れる時間?抗てんかん剤からまだ4時間しか経っていないのに。





座薬の準備をしかけた時、その動きはゆっくりと静止。5秒ほどの動きでした。





これがグーグー最後の動作となりました。











病院から帰宅してからはグーグーに話しかけ、撫でられるのが好きだった鼻先からおでこを撫で、





グーグーの写真や脇腹の動きの動画を撮り、とにかくグーグーから目を離さないようにしていました。





19時過ぎに「そろそろ帰るけど何か買い物して帰ろうか」とかばさんからLINEが。





私はおうどんをお願いしました。





今思えば呑気な会話です。でもこの時はまだグーグーがまさか新年号初日を前に逝ってしまうなんて





思ってもいなかったのです。













2019.4.30 病院帰宅後直後。何度かグーグーのニオイを嗅ぎに来たごろちゃん。
2019:4:30 病院帰宅後グーグー4時間前


2019.4.30 帰宅1時間後。ブラッシング直後。
2019:4:30 グーグー3時間前













午後8時2分。私がまたグーグーの動画を撮影しているとかばさんが帰って来ました。





すぐにグーグーのそばに駆けつけたかばさんに診察内容と座薬の説明をし終わった時





脇腹の上下運動が止まったように見えたので「え?呼吸してる?」と私が言うとまた上下運動が始まりました。





手を握るとフワフワの柔らかい毛とムチムチの可愛らしい手先の感触は変わらないのですが体温は冷たく





「グーグー!」と呼びかけてもやはり無反応のまま。





その数秒後、後ろ足をピーンと伸ばし手を少し動かす仕草が見られたのでこれが最期の瞬間なのかと思ったけど





また歩き出すのかとも思い座薬の準備をし始めようとした時、グーグーの瞳が変化していくのが分かりました。





半開きだった目は大きく開き、瞳孔が大きくなり瞳の表面にシワが見られた瞬間、アンジの亡くなった後の





瞳と同じだと感じました。





そしてゆっくりと脇腹の動きが止まり、もう帰って来ないと分かっていながらもグーグー!と二人で呼び続けました。












明日13:30に荼毘に付します。





今回はグーグーの最期の日を、最期のグーグー20時間の頑張りをなるべく叙事的に書き留めたくて記事にしました。





私たちの気持ちの部分を含めた記事はまた後日。










にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2019/05/02(木) 23:44:30|
  2. グーグー腎不全闘病記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<グーグー最後のパトロール。 | ホーム | 救急診療。そして失明。>>

コメント

うぃさんへ

そうなんです。グーグーはこの3ヶ月本当によく頑張ってくれました。
おかげで色々な事を教えてもらいましたし覚悟が出来ました。
最後は残りの力を出し切って空っぽになって旅立った感じでした。
私たちも淋しいですがごろちゃんはもっと淋しいのかも知れません。
ごろちゃんを癒してあげる事で私たちも癒されてます。
そして私たちがこれから先ごろちゃんに出来る事を具体的に考える機会をグーグーに与えてもらった気がします。
グーグーは本当に素晴らしい猫でした。

今までグーグーを可愛がって頂き本当にありがとうございました。
うぃさんにグーグーの記事を読んでもらった事はグーグーが確かに生きていた証です。
  1. 2019/05/05(日) 18:03:12 |
  2. URL |
  3. うぃさん #-
  4. [ 編集 ]

謹んで、哀悼の意を表します。

グーグーちゃん、よく頑張りました。
大好きなぐーごーさん、かばさんのため、何かとそばにいてくれるごろちゃんのため、自分らしい自分のため、いっぱい頑張りました。

3ヶ月……。
早い。早すぎる。
でもグーグーちゃんが大好きな皆さんにくれた、とっても大切な時間だったと思います。

グーグーちゃんの安らかな旅立ちを心よりお祈りいたします。





  1. 2019/05/04(土) 15:38:05 |
  2. URL |
  3. うぃ #nYT6UyP2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://googoro.blog.fc2.com/tb.php/660-f6b0e3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐーごー

名前:ぐーごー
年齢:アラフィフ
職業:専業主婦
趣味:ネコ科動物
家族構成:ぐーごー
かばさん(ダンナさん)
ピーちゃん(猫)
ムーちゃん(猫)の4人暮らし
生息地:兵庫県神戸市


グーグー♀

アメリカンカールロングヘア

2007.2.26〜2019.4.30

愛知県出身

真面目 慎重 聡明 潔い

我慢強い キレイ好き 穏やか

表情豊か 物怖じしない

人懐っこい ツンデレ 世話焼き

猫よりヒトが好き


2007.6.23 我が家へ

2018.11月末 慢性腎不全ステージII

2019.1月末 尿管結石による急性腎不全

1週間入院&3ヶ月の闘病生活

2019年4月30日 永眠


ごろー♂(去勢済み)

ソマリ(レッド)

2008.4.12〜2023.1.4

愛知県出身

末っ子気質 ビビリ 構ってちゃん

繊細 八方美人 人懐っこい

無駄に媚びる 超食いしん坊

隙あらばゴロゴロ言う

人も猫も大好き

一生グーグーに片想い


2008.9.21 我が家へ

2008.9.25 停留睾丸摘出

2011.12.6 特発性癲癇発作

2017.9 特発性膀胱炎(台風起因)

2018.5末 慢性腎不全ステージII発覚

2023年1月4日 悪性腫瘍のため天国へ


ピピ♀(避妊済み)

MIX(メインクーン×ヒマラヤン)

2018.7.9生

兵庫県神戸市出身

運動神経抜群

キレイ好き 丁寧な毛繕い 社交的

ハンター 優しい 表情豊か

チーターのような鳴き声

無駄に媚びない

ごろちゃんLOVE


2019.6.11 我が家へ

2019.6.12〜8月 原虫治療

2023.1月 ストレス性胃腸炎

2023.7月 感染性胃腸炎


ムーちゃん♂(去勢済み)

MIX(ラグドール×チンチラ日本猫mix)

2022.10.29生

兵庫県三田市出身

人懐っこい 人見知りナシ 社交的

丁寧な毛繕い 表情豊か 唐突の悪魔の声

足音と声が大きい 手足が大きい 隙あらばヘソ天


2023.2.14 我が家へ

2023.7月 感染性胃腸炎 指間皮膚炎

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

はじめまして! (1)
グーグーのプロフィール (1)
ごろちゃんのプロフィール (1)
ピピちゃんのプロフィール (1)
GG グーグー&ごろちゃん (165)
GP ごろちゃん&ピピちゃん (38)
PM ピーちゃん&ムーちゃん (32)
グーグー (149)
グーグー腎不全闘病記 (27)
グーグー腎不全闘病記 医療費編 (4)
ごろちゃん (77)
ごろちゃんの持病 特発性てんかん発作 (34)
ごろちゃん特発性膀胱炎 (9)
ごろちゃん腎不全闘病記 (27)
ごろちゃんのターミナルケア (19)
ごろちゃんロス (19)
ピピちゃん (38)
ピピちゃん原虫感染 (4)
ムーちゃん (24)
歯列矯正 (97)
歯列矯正を始めたきっかけ (1)
初診と費用 (2)
精密検査&その結果 (2)
症状=出っ歯 (1)
ペンデュラム装着まで (3)
ペンデュラム装着! (1)
ペンデュラム装着後いろいろ (4)
ペンデュラム経過画像 (1)
ペンデュラム調整日1回目 (1)
ペンデュラム調整日2回目以降 (5)
ブラケット装着〜6ヶ月目 (15)
ブラケット装着7ヶ月目〜12ヶ月 (10)
ブラケット装着13ヶ月目〜ブラケットオフ (34)
ブラケットオフ その後 (4)
頼りになるアイテム (1)
友人Dの進捗状況 (7)
その他 (5)
かばさんの審美矯正 (2)
ネコ (0)
猫映画 (6)
猫の親戚探し (1)
ネコアイテム (6)
気になるニュース (2)
アンジ (11)
その他の猫ちゃん (36)
私事 (37)
お買い物 (19)
その他いろんな事 (27)
未分類 (2)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR